オープンチャペル~教会がはじめてという方にもわかりやすい

クリスマス音楽劇

2017年12月24日

オープンチャペル

クリスマス・ページェント

中世ヨーロッパでは、キリスト教の祝祭日に町の人々が聖書物語を劇にして演じ、これを「ページェント」と呼びました。これは「ページをめくる」という言葉からできた言葉ですが、文字通り、クリスマスの神秘な物語を、ページをめくるように音楽劇でつづります。今年はこどもクラスも共に出演します。(写真は2016年のもの)